1. AMIMOTO サポート
  2. AMIMOTO Managed Hosting
  3. AMIMOTO マネージドホスティング ご活用 Tips (運用編)

アクセスログのエクスポート

アクセスログを指定した Amazon S3 のバケットへコピーする設定です。

必要なもの

  • AMIMOTO マネージドホスティングのアカウント
  • エクスポート先の Amazon S3 のバケット

 

手順

1. AMIMOTO ダッシュボード へログインする

https://go.amimoto-ami.com/

2. サーバ一覧から対象サーバの [管理] をクリックする

3.  [WordPress 一覧] をクリックし、アクセスログのエクスポート対象のサイトをクリックする

4. Logs をクリックする

5. Bucket 名の設定とリージョンの選択する

  • S3 bucket name にアクセスログの出力先バケット名を入力する
  • S3 bucket domain にバケットのリージョンを選択する
ここでは以下のように設定しています
S3 bucket name:  REPLACE-WITH-YOR-BUCKET-NAME
S3 bucket domain: s3-us-east-1.amazonaws.com 
設定が終わったら [Next] ボタンをクリックして次に進む

6. バケットポリシーをコピーする

赤枠のコードをコピーをする

サンプルコード

{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Effect": "Allow",
"Principal": {
"AWS": "arn:aws:iam::022646323280:root"
},
"Action": [
"s3:GetBucketAcl",
"s3:PutBucketAcl"
],
"Resource": "arn:aws:s3:::REPLACE-WITH-YOR-BUCKET-NAME"
}
]
}

7. S3 のバケットにポリシーを設定する

AWS コンソールへログインし、エクスポート先バケットのポリシーエディターへ上のステップでコピーしたコードをペーストし、設定を保存する

8. AMIMOTO ダッシュボードの画面で [Submit] をクリックする

赤枠の "I've updated my bucket policy." にチェックを入れ、 [Submit] ボタンをクリックする

9. 設定完了

"Succeeded to update" の表示がされたら設定が完了です。

S3 bucket name に入力したバケット名が設定されているか、Status が Enabled になっているかを確認する。